世界で最も長い期間生産されているモーターサイクル

それがROYAL ENFIELD(ロイヤルエンフィールド)社の”BULLET(ブリット)”なのです。

最初にBULLETの名を与えられたのは1931年に発表された350cc、4サイクル単気筒モデルで、

その後1949年にスイングアーム式フレーム、リアサスペンションを採用した新型BULLETが発表されました。

1955年からはイギリスとインドの工場で量産されるようになり、

さまざまなマイナーチェンジを経て現在の形となっていったのです。

1970年代にROYAL ENFIELD社は倒産してしまいますが、インド工場で引き継ぎ生産が続けられたため、

55年式BULLETはそのままの姿を変えることなく現在まで伝統を守ることができました。

IMG_4335

 

ROYAL ENFIELD BULLET 最大の魅力

まず、50年代のビンテージバイクを新車で乗ることができるという点があげられます。

見た目に限らずモデルチェンジを最小限にとどめており、

レトロな外観、別体エンジン(旧型)、シングルキャブレター、右チェンジのシフトペダルなど、

当時の雰囲気をそのまま味わうことができます。

エンジン音の深み、鼓動感あふれる走行など、

乗ってみるとバイクを自分で操っている楽しさを味わうことができるのも魅力です。

高性能、最先端のバイクにはない乗り心地を試してみてはいかがでしょうか?

20130905_b61996 20130927_5c06f8

ROYAL ENFIELD BULLET 350 GREEN  詳しくはこちら>>

ROYAL ENFIELD BULLET 350 BLACK  詳しくはこちら>>

 

20130411_2147f7

 ROYAL ENFIELD  Classic500EFI  詳しくはこちら>>

ユニットエンジン、吸気系の電子制御式インジェクション、セルスイッチ採用モデル

 

20131223_eb0a53 th_DSC_0687

ROYAL ENFIELD BULLET 350 ORIGINAL CUSTOM

左)詳しくはこちら>>

右)詳しくはこちら>>