英車へのあこがれからスタート

目黒製作所のスタミナK型をルーツとし、開発が続けられてきたカワサキ ”Wシリーズ”。

英国の影響を色濃く残したデザインや、OHVのバーチカルツインエンジンが人気のシリーズで、

これをみていくことでカワサキの4ストローク車の変遷をたどることが出来ます。

 

KAWASAKIが誇る名車 W1SA

W1SAは、ツインキャブレターを装着したW1Sのマイナーチェンジ車として1971年に販売を開始しました。

それまでの丸みをおびたメッキ仕上げのタンクから、黒/オレンジのツートンカラーへと一新され、

エンジン外観にデザインが施されるようになります。

その他速度警告灯が装備され、ヘッドライトも大径型に変更されています。

中でも一番の変更は、右チェンジを左側に移した点です。

それまでのWシリーズは英国車にならい右チェンジ・左ブレーキでしたが、

国内ではすでに左チェンジが主流だったため、このW1SAからは左チェンジが採用されました。

このような変更が受け入れられ、W1SAはWシリーズで最大のヒットを記録することとなりました。

20111031_dbb64d

KAWASAKI W1SA    詳しくはこちら>>