スクランブラーモデル CL400

左右2本出しのセミアップマフラー、メッキフェンダーなどのスクランブラーテイスト。

シンプルかつコンパクトなスタイルのCL400は、かつてのCLシリーズの流れをくむものとして1998年に発売されました。

空冷・単気筒・400ccエンジンからは心地よい鼓動と力強いトルクを感じることができ、

軽快な走りを実現させています。クランクバランサーが入ってますが微妙な振動があり、低速でも面白いバイクです。

町乗りバイクにとって振動は面白さの一つですね。

キックはオートデコンプ機構付きなのでSRの用にピストン位置を探ること無く、どの位置からでも始動できます。

抵抗も軽いので、キックですがセル感覚です。

 

th_DSC_0411

2000 HONDA CL400  詳しくはこちら>> 

BSA 441 VICTORを模したカスタムです。追加カスタムもお気軽にご相談下さい。