HONDA CBM72の登場

漆黒の塗装とクロームメッキの輝くタンク、SOHC2気筒の力強いエンジン・・・、それを併せ持つのが名車と名高いCB72です。

20130718_4d9626

BSAやトライアンフといった英国車全盛の時代、世界GPやマン島での活躍によって知られはじめたホンダが、

本格的に世界市場に投入したモデルCB72シリーズ。

“ナナニイ”の愛称で親しまれているCB72は、C70をルーツとしたスポーツモデルとして1960年11月に登場しました。

 

名車としての誇り

エンジンはC72と同じく54.0×54.0mmのスクエアですが、圧縮比は8,3から9,5にアップされ、さらにツインキャブにより

最高出力が24PS/9000rpmとなっています。

また、高速走行向けとされる180度クランクのタイプ1と、中低速向け360度クランクのタイプ2の2種類がラインナップされ、

幅広いユーザーに対応しました。

ミッションはリターン式の4速、フレームはパイプバックボーン、フロントフォークはC72がボトムリンクなのに対し、

当時としては本格的なテレスコピックフォークを採用しています。

一文字ハンドル、自在に位置を後退できるステップ、標準装備されたタコメーター、

さらにはメーカー純正のレースキットまで用意されるという徹底したスポーツ志向で人気を博しました。

1962年には、360度クランクエンジン、日本の道路事情に合わせアップハンドルを採用したCBM72が発表され、

多くのユーザーに愛されました。

1959年に発売されたホンダベンリイCB92、そしてこのCB72につけられた”CB”の2文字は、こののち現代まで、

ホンダのオンロードスポーツ車の誇り高いイニシャルになっていったのです。

20130718_f1d4d3

1964  HONDA  CBM72   247cc    ¥ 619,000(税別)

詳細はこちら>>

別途諸費用(登録料、納車整備料)かかります。詳しくはお問い合わせ下さい。