TRIUMPH(トライアンフ)の歩み

英国のTRIUMPH(トライアンフ)社は1902年からオートバイの生産を スタートさせ、

その後マン島TTレースでの活躍や、世界大戦での実績により、オートバイのトップメーカーへと成長していきます。

1950年代・60年代には最盛期を迎え、数々の地上最高速度を記録すると同時に、レーストラック上でも素晴らしい成績を上げ、

THUNDERBIRD(サンダーバード)、Trophy(トロフィー)、Tiger(タイガー)、Bonneville(ボンネビル)といった

歴史的な名車を次々と送り出していくのです。

 

TRIUMPH T120R Bonneville(ボンネビル)

映画「WILD ONE」の中でマーロン・ブランドがまたがるTHUNDERBIRD 6Tや、

TR6 Trophyに乗ったスティーブ・マックイーンが「大脱走」でみせる鉄条網を飛び越えるシーンは強烈な印象を与えるとともに、

観るものを刺激しTRIUMPHへの憧れをますます募らせました。

 

th_DSC_0558

1965 TRIUMPH T120R BONNEVILLE 650cc  詳しくはこちら>>

TRIUMPHといえばBonnevilleというくらい有名な、世界中で愛されたモデルです。

ボンネビル・ソルトフラッツで行われたスピードレースで、世界新記録を打ち立てたことにちなみその名が付けられました。

1959年に登場し、1965年はハーモニカエンブレムが付く最後の年式です。

並列2気筒のエンジンが産み出す力強い躍動感やトルク、心地よい排気音が走る楽しさを教えてくれます。

あなたもTRIUMPHの最高傑作を味わってみませんか?